走りながら考える~人生は長いマラソンだな~

マラソンは瞑想です。人生は迷走中?不惑四十を過ぎても惑い続ける男がここにいます。マラソントレーニング、糖質制限ダイエット、億り人を目指す投資、結願まで頑張りたいお遍路、激務で休職してからの人生大転換…いろいろあるんだ、ちょっと僕の話を聞いてくれよ

ある女(ひと)が、ママ友に、旦那の話をしているのだが

 

もっとましな人だと思ってたけどね~。
え?うちの旦那の事よ~。


実は結構女好きだし、酒も飲むし。

モテもしないくせに。


昔は酒を飲むのも許してたけど、外で飲むのも、そんなにしょっちゅうじゃないんだけどね。

でもさ、飲みすぎると、どこからか調子に乗って、限界突破してさ、際限なく飲んだ時が、やばいのよね。
なんかそんな時は、記憶無くすし。でさ、後々気づいたんだけど、友達と飲みすぎたらさ、そのままお姉ちゃんのいるお店に行ったりさ、あとは一人バックレて、ちょっと男のための、桃色系?とかの店に行くんだよ。

私全然知らなかったんだけどね。

ある時まではね。

 

昔、海外にいたときも、あの人に限ってはそんなことないんじゃないかな。って思ってたのよのね~。
たまの海外でさ、ハメを外す日本からの出張者とかいるじゃん。そういう人に付き合ってお店の手配とか、お付き合いとかして、まあ、社内接待みたいな感じだと思ってたんだけど。
でも、実は本人もしっかり遊んでたようね、今考えたらね。

 

え?そんな、女の子がいろいろサービスする店に旦那が行ってたの、なんでわかったかって?


電話かかってきたのよ、知らない携帯番号からうちの旦那に。


旦那はさ、二日酔いでベッドから起き上がらないから、私がとりあえず電話に出たのよね。

f:id:qkp:20210208014952p:plain

電話に出る嫁


「はい...」

なぜか低い声を出して、出てみた。

 

そしたらさ、男の声でさ、
「お客様、あの~、これなんですかね~、バンドみたいなの、時計じゃなさそうなんですけど、なんか心拍とかとるんですかね?なんか液晶がついている。このバンドお忘れですよ」

....

はぁ。

何なんですかね、この電話。
取り合えず、妻として、答えました。女の声で。
「はい、主人のものかもしれませんが」

明らかに、その男、反応が、ヤベ~って感じだったわね。電話越しに伝わる、空気感。かすかな、肌が震えるような動揺が、息遣いから伝わると言うか。

でも電話は、切らなかったのよその男。

(私)「どちら様ですか?」
(男)「あ、あの、い、居酒屋です」
(私)「どちらのですか?」
(男)「錦糸町の...」

あたくしめは、私は、ピンときましたからね。

 

f:id:qkp:20210209002330p:plain

 

東京に居酒屋は腐るほどありますけど、そりゃ錦糸町にもありますわ。
でも、錦糸町って言ったら、ちょっと違う店もあるじゃないですか。

(私)「錦糸町の、どういうお店ですか?」

(男)「あ、はい、居酒屋でして」

 私は思ったのよ、居酒屋で、客が食事してお酒飲む時に、普段から体につけっぱなしの、Fitbitみたいな活動量計を外すかな?って。

(私)「あの、居酒屋ではありませんよね?どういうお店ですか?」

(男)(ちょっと観念したのか)「あ、はい、バーみたいな、ところです」

(私)「バーには女の子はいますか?」
(男)「はい、います。はい...」
(私)「ほんとにバーですか?」
(男)「あ、えーっと、ラウンジってご存知ですか?」

(ほーら来た。知ってますわよラウンジくらい。そして、これはたぶんウソだわ)

(私)「あの、正直にお答えいただけませんか。そちらはどういうサービスをされているんでしょうか」

(男)「あ、あの、女性が隣に座ってお酒を...」

(私)「本当のことを言ってください。お酒飲むだけで、腕のバンド外しますかね!?何をするんですか?すこし踏み込んだサービスでもするんですか?」

(男)「あ、いえ、そういうわけでは、いえあの、あ、はい、そういうようなものでして」
(私)「へー、どこまでされるんですか?参考までに聞かせてくださいませんか。主人には言わないので」
(男)「あ、あの、本番というか、最後まではないんですけども、はい、あの下は脱いで頂いてですね、やってもらうというか」
(私)「あー、そうですか。とりあえず、手でしてあげるんですか」
(男)「あ、はい、そんなもので」
(私)「そんなもの?もしかしてなんですか、口とかでもやるんですか?」
(男)「あ、そうですね、そういう時もあるかな...」

私さ、あきれたわ。主人にもあきれたけど、電話口の男にもね。

私の知らないところで何やってんだかうちの主人!!
ぶちきれましたわよ、ついでにその男にもキレましたけどね!

(私)「あ、もう、結構なんで、そのバンドも捨ててやってください!!!」
でガチャン!って切ってやったわよ。

ホントむかつくわ~~~

 

その間も、隣の部屋で突っ伏したままだった主人がね、起きてきた時に、言ってあげましたよ。

「電話かかってきましたよ!丁寧に教えてくれましたわよ!女にあなたが何をしてもらったかまでね~!!」

顔面蒼白よ~主人
鳩が豆鉄砲を食ったようなって、正にあの顔かしらww

で、「いまから東横イン取るから、そこに泊まってね。あと3日で帰るのよね?○○(単身赴任先)に。その日までホテルにいていいですから。」って言いましたぁ、はい。そう、すぐに。一緒にいたくないから。

同じ部屋の空気も吸いたくない。

「あ、もう○○に帰っても、そちらのお姉ちゃんとよろしくやってください。離婚しますので。このマンションはいただきますから。裁判おこしますから。覚悟しておいてね。」って。当然だわ。

それからネットでホテル予約してあげましたわよ。

 

ほんとに追い出しました。
「ふざけんな!ボケ!」って言ってやりました。
飛び蹴りして送り出したかったわ。
昔、やったことあるんだけどね。

 

あー、今思い出してもむかつく
っていうか、病気になりそう。
てか、すでに私病気かかったことあるんだよね。医者が、ストレスって言ってたけど、絶対あいつのせいだわ。あと姑。

 

慰謝料いくらもらおうかしら。
もう少し資産増やしておいてほしかったわー。

姑にも速攻メール入れてやろうと思ってね。
姑のLINE知らんし、メール。

「お宅の息子、あんな店やこんな店に行ってますけど、どんな育て方したらあんなゲスな男に育つんですかね!」ってね。

マジで送りつけてあげたいわ。

絶対泣くわよ~

途中まで書いたんだけど、でも、送信しなかった。

私やっぱり優しすぎるかしらぁ。

 

ていうか、なぜ腕のバンドまで外したのかな?なんかもっと違うことしてたんじゃないかしら。まじ勘弁だわ~。

 

あーそれにしても、美味しいものでも食べないと気が済まないわ~

代々木上原にいいお店見つけたの。今度行きましょ~


<終わり>

これ、実話です。