走りながら考える~人生は長いマラソンだな~

マラソンは瞑想です。人生は迷走中?不惑四十を過ぎても惑い続ける男がここにいます。マラソントレーニング、糖質制限ダイエット、億り人を目指す投資、結願まで頑張りたいお遍路、激務で休職してからの人生大転換…いろいろあるんだ、ちょっと僕の話を聞いてくれよ

濃厚接触者かもだって 1日目報告

貴重な経験を、今まさにしておりますので、報告いたします。

ちょっと出張に行きました。

f:id:qkp:20210216002709p:plain

日曜日に、とある新幹線の駅で降りました。

21時過ぎ、突然携帯が鳴ります。

「もしもし、ハコ様でしょうか」(私はハコと申します)

「はい」

「先週金曜日に、お越しいただいた、○○○○カンパニーの者です。」

「あ、はい、その際はお世話になりました」

なんで、日曜の夜にわざわざ、電話してくるのかな?と不思議でした。

サラリーマンではないので、土日の感覚にちょっと疎くはなっているんですけど。

それでも、電話をかけてきた相手は、サラリーマンですからね。

なんでこんな日のこんな時間に?と思いました。

 

「実は、ハコ様と面談いたしました、弊社のYというものが、PCR検査で陽性になりまして...」

 

おお、なんと。

そういうことか。

それは一大事であるぞ。

 

聞くと、翌日以降、保健所から私に、ハコが「濃厚接触者」なのかどうか、判定を伝える電話がかかってくるのではないかと、その電話口の人は言っていた。

 

今後のビジネスのことも考え、「ご丁寧に連絡ありがとうございます~」と落ち着いてご挨拶し、「Y様もどうかお大事にされるようお伝えください」と、若干の神対応を成し遂げて、電話を切った。

 

さて、これからどうしよう。

出張先は実は実家に近いので、70を過ぎた高齢の母がいる自宅に泊まる予定だった。

濃厚接触者かもしれない男が、齢74のばあさんと一緒に過ごすのもどうなのか。

でもとりあえず実家に帰った。

気の緩みがちな母には、道すがらLINEで、「家でもマスク、タオルは別々、アルコール消毒」を伝え、彼女もルールに従ってくれた。

 

さて、結局月曜日のアポイントは全部オンラインに切り替えた。

 

日曜日に目的地に付き、近くにアポイントの相手はいるのに、月曜日はオンラインで面談。

「すみません、濃厚接触者かもしれませんので、オンラインに切り替えていただきたいのです」と連絡して、全員にOKをもらった。みんないい意味で、コロナ情報に詳しくなり理解が進んでいるな、と感じた。

ということで、オンラインの面談を、月曜日に5本こなしました。

移動しなくてよかったので合間時間にいろいろ資料作ったり、母親の作った昼ごはん食べたりできてよかったな。

 

で、午後になっても、保健所からの電話がかかってこない。

15時なってもかかってこないので、こちらから電話した。

そしたら保健所の担当者が

「調べますので、コロナ陽性と診断された人の名前を教えてください」

と言われたのだ。

ちょっと怯みました。

大切なお客様のY様、私が地方移住して間もなく知り合って、仲良くしているY様の名前を、いまここで出してよいものか...。

f:id:qkp:20210216003126p:plain

しかし保健所の担当者は言います。

「コロナ陽性者はすべて把握しています。お名前をここでおっしゃっても問題ありません。調査のために必要な情報ですので、正確に教えてください」

なるほど。

で、伝えました。漢字表記も丁寧に聞かれたので答えました。

担当者曰く、確かに、その人、Y様は陽性者で、

「今日一日かけて彼の過去14日間の行動記録をヒアリングしています」

ということだった。

接触者に順次連絡していますので、今日中か、遅くとも明日午前中には、ハコさまが濃厚接触者か否かの判断結果を伝えます」

そういうことでした。

 

で、待ってましたが、夜まで、電話かかってこなかった(´;ω;`)ウゥゥ

保健所、忙しいんだろな。。。

昼間の電話でも、ジャパネットのコールセンターか!!と突っ込みたくなるほど、外野の声がうるさかった。

もう一名、僕と一緒にY様に面談した人も保健所に電話したそうだが、なかなかつながらなかったと言ってたし。本当に、保健所のみなさん、お疲れ様です。

 

で、保健所の電話連絡を待たず、すぐに本拠地に戻って、PCR検査を受け、陰性であることを証明したいという衝動にかられました。なので、火曜日の予定も全部オンラインの承諾をもらい、私は新幹線で本拠地に帰ってきました。

保健所の連絡を待ちます。明日も当然テレワークです。

 

ちなみに、自覚症状などはありません。