走りながら考える~人生は長いマラソンだな~

マラソンは瞑想です。人生は迷走中?不惑四十を過ぎても惑い続ける男がここにいます。マラソントレーニング、糖質制限ダイエット、億り人を目指す投資、結願まで頑張りたいお遍路、激務で休職してからの人生大転換…いろいろあるんだ、ちょっと僕の話を聞いてくれよ

アフターデジタル2を読んだ。

 上海在住の筆者が、中国での自らの経験をベースに、中国国民の生活に不可欠となったアリペイやWeChatペイやその付随サービスおよびモバイク(シェア自転車)や餓了麼(宅配)のUXを中心に説明している。私も中国滞在が長かったので、よくわかる。5年ほど前に一時帰国した日本での、現金生活には辟易としたくらいだ。

 

 

アフターデジタル2

 

f:id:qkp:20201220221232p:plain

 

 今の中国における、バリューチェーンではなく、「バリュージャーニー」を磨きこみ、徹底したUX(ユーザーエクスペリエンス)を追求しる不断の改善は、学ぺきところであろう。

 UXという概念が浸透していなかった時代に、iPhoneを生み出した、スティーブ・ジョブズ

 彼がこだわったのも、やはり秀逸なUX、それを通じて我々に素晴らしいカスタマージャーニーを提供することなのだ。

 私が北京にいた2008年、オリンピックの興奮冷めやらぬ街から上海に出張した私は、そんなつもりもなかったのに、突然iPhone3G4000元(当時のレートで65,000円くらいか)を買ってしまった。

iphone3gs vs iphone 4 、絶縁、クリッピングパス - iphone 3g ストックフォトと画像

 

 それ以来、私のアップルでのジャーニーは、12年目を迎えました。

Apple Inc. IPhone 3G S handsets are displayed at SoftBank Corp.'s flagship store, in the Omotesando district of Tokyo, Japan, on Friday, June 26,...

 

UXとは、時代が変わっても不変且つ普遍なモノだということが、わかった。

 

では、また~