走りながら考える~人生は長いマラソンだな~

マラソンは瞑想です。人生は迷走中?不惑四十を過ぎても惑い続ける男がここにいます。マラソントレーニング、糖質制限ダイエット、億り人を目指す投資、結願まで頑張りたいお遍路、激務で休職してからの人生大転換…いろいろあるんだ、ちょっと僕の話を聞いてくれよ

糖質制限を続けるために覚えておく4か条

糖質制限を続けるために覚えておく4か条
 最初のころは本を読んだりしてもなかなか記憶に残りにくく、迷うことも多いはず。
 そこで、簡単にまとめてみました。


(1)甘いものを一切食べない。
糖質制限ですから当たり前です。これには、糖質制限でも推奨している肉や魚の料理にも、甘い味つけはNGということも含みます。ぜひ注意してください。

パンがだめということは、とんかつなどの衣もだめですよ。(薄めならOKだけど)

 

(2)主食をしっかり抜く(ご飯、麺、パン、さらにイモ類)
糖質制限の基本は、まず主食をしっかり抜くこと。
また、イモ類は、別の国では主食だったりするくらいですから、やはり炭水化物の代表食材と言えます。
キャッサバやタロイモが主食という国はありますからね。日本も米が不足していた時代は芋粥を食べてましたよね。

 

(3)野菜と海藻をたっぷり摂る
私はあえて野菜を肉より上に持ってきました。これは自戒の意味も込めて。
糖質制限を勧める本の中には、肉と魚は食べ放題!のような記述が散見されます。
しかし、痩せれば何でも食べていいんだ!という勘違いを生んでしまうと思います。
私も昔は、そう思っていました。

「大好きなお酒と肉をたらふく食えるぞ!」
ある意味、それを逃げの口実に、酒量は増えて、肉ばかり食べていました。
これは、よくありません。
酒量が増えると、肝臓に負担が増えて、糖質制限ダイエットの効果が半減します。
(別記事にお酒の注意点をまとめています)
肉ばかり食べると、コレステロールが増える、塩分の過剰摂取になる、尿が酸性に傾いて尿酸が排泄されにくくなる、などのマイナスポイントが大きくなります。
なんでもバランスが必要なんです。


(4)肉と魚を積極的に食べよう
とんかつの衣や魚の甘い煮汁はNGですが、シンプルな味付けの肉や魚はどんどん食べましょう
少々食べ過ぎでもいいくらいです。ステーキ200gや300gだって、カロリーは高くても糖質はとても少ない
基本は塩コショウや醤油がベスト。焼肉も塩で。
ソースがかけられるステーキでしたら、ソースを別添えにしてもらい、塩を振った肉にちょっとだけソースをつける、くらいにとどめましょう。
でも、上述の通り、食べ過ぎはNGですよ~!

以上の頭文字をとると、「あ、し、や、に」となります。
別に兵庫の芦屋出身ではないですが。
何だか覚えやすいので。
甘いものを避け、主食を抜いて、やさいをたくさん食べて、肉もしっかりたべよう

あ、し、や、に

どうですかね~