走りながら考える~人生は長いマラソンだな~

マラソンは瞑想です。人生は迷走中?不惑四十を過ぎても惑い続ける男がここにいます。マラソントレーニング、糖質制限ダイエット、億り人を目指す投資、結願まで頑張りたいお遍路、激務で休職してからの人生大転換…いろいろあるんだ、ちょっと僕の話を聞いてくれよ

糖質制限おすすめ食材ファイル001 【ハイボール】自宅で格安で美味いハイボールを作ろう

 

糖質制限は人によって大小あれど、ストレスを伴うものです。

糖質の低い食材の中で、上手に自分にご褒美をあげながら、ストレスを発散し、継続していく必要があります。

その中で、糖質の低いお酒(主に蒸留酒)は、お酒をたしなむ人にはうれしい飲み物の一つですね。でも、いくら飲んでも太らないからと言って、深酒は禁物です。太らなくても別の疾患で不健康になります。←これは重要

 

その蒸留酒の代表、ウィスキー!

f:id:qkbz:20171228115444j:plain

私は自宅でハイボールを作って飲みます。

 

ウィスキーは、もっぱら海外出張や海外旅行のついでに免税店で購入します。

そちらのほうが当然ながら良いものを安く買えます。といっても高いものは買いません。写真のバランタイン17年はちょっと高いけど、12年は2000円台で買えますから。

 

また、「次回海外に行くまで、この2本を大切に飲むぞ」という飲み過ぎ抑制効果もあります。(たまに酔っぱらって忘れちゃいますが (;>_<;) 

酒販店に行けば4リットル入りのお得なウィスキーもありますが、味が悪いものが多いのと、深酒を助長するので、避けています。

 

<自分で作るハイボールのポイント>

1.ウィスキーは冷凍庫に保存

アルコール度数と凍結温度の関係は、アルコール度数が15度のお酒の凍結温度は約-7℃、20度で-11℃、40度で-31℃、60度で-44.5℃、80度で-67℃となっています。

https://shunkashutou.com/column/alcohol-freezing/

↑参考URL。ウィスキーは度数40度、家庭用冷凍庫は今は-18度が通常ですから、凍りません。ややトロッとした状態になります。

 

2.炭酸水は自分で作る!冷蔵庫でキンキンに冷やしておく!

 昔に比べて炭酸水は1.5リットルのペットボトルで安く手に入るようになりました。

 ネットショップで炭酸水を購入して冷やしておくのも一案。

 でも、自宅で作ることができれば、さらに低コストで作れます。

 私はこれを使っています。

[http://

コスパが最も良いのがこれ。2年間快適に使用中。追加で一括で購入するカートリッジの数で金額が変わるのですが、1リットル当たり30円です。

:title]

 

3.氷は少なめに。(もしくは全く入れなくてもよい)

 お店によっては、「うすはり」のグラスで、キンキンに冷えたウィスキーと炭酸水のみを使うこだわりのウィスキーを出すそうです。

 上記1,2をちゃんとやっていれば、氷は少ないか、無しでイケます。

 

4.保冷タンブラーを使う

 これも私は実践しています。ゆっくり飲んでも冷めませんし、美味しさを保てます。

  保冷タンブラーと検索すればたくさんヒットします。

 

 みなさん、おいしいハイボールを手作りで楽しんで、快適な糖質制限を実践してください!