走りながら考える~人生は長いマラソンだな~

マラソンは瞑想です。人生は迷走中?不惑四十を過ぎても惑い続ける男がここにいます。マラソントレーニング、糖質制限ダイエット、億り人を目指す投資、結願まで頑張りたいお遍路、激務で休職してからの人生大転換…いろいろあるんだ、ちょっと僕の話を聞いてくれよ

第13日 距離不明 累計意味なし

お遍路区切り打ち7日目
岬を歩いて散歩。バスの時間まで、周辺を歩きまわることにした。いつもなら朝一で出立するところ、足の痛みで歩きは諦めたので逆にゆっくり見て回れるのが嬉しやら悲しいやら…。

f:id:qkbz:20171130205913j:imagef:id:qkbz:20171130205921j:image

白山洞門に降りてきた。花崗岩が侵食されてできた日本最大の海岸洞穴らしい。

f:id:qkbz:20171130205949j:image

遠くを見ると同じように侵食された洞窟がある。

f:id:qkbz:20171130210009j:image

近くのバス停から乗車、中村駅を経由して次の札所の延光寺の下のバス停まで、約2時間半のバスの旅です。9時45分乗車。

地域のお年寄りが多く利用しています。皆さんお知り合いで、会話の内容から、やはり病院通いとお買い物です。

途中ウトウトして、驚くほどあっという間に中村駅到着。程なく行き先が宿毛に変わり、同じバスでそのまま出発。予定通りに、延光寺麓の寺山口バス停へ。

f:id:qkbz:20171130210110j:image

12時15分。寝ているだけで着いちゃうなんて。驚きです。でも本当は歩いて来たかった。いつかこの借りは返します。

足摺で朝のうち買っておいた弁当でお昼ご飯。

f:id:qkbz:20171130210043j:image

延光寺を打ち終わった。

f:id:qkbz:20171130210158j:imagef:id:qkbz:20171130210206j:image

戻って平田駅まで2.5kmの道を急ぐ。足の痛みはマシになっているが、でもぎこちない。すると先程乗った同じ路線のバスが来たので、それに乗車。最初から同じバスで宿毛を目指せばよかったのだ。

 

宿毛駅前で約1時間の待ち合わせ。

f:id:qkbz:20171130210249j:image

今度は宇和島交通のバスで観自在寺を目指す。約40分の道のり。運転手さんがバス停の案内放送を飛ばしたため、少し通り過ぎた(汗。

バス停を目にした僕がピンポンを鳴らして慌てて止まる。こんなこともあるのですね。運転手さん、ばつが悪そうだった(^^)

観自在寺は40番札所。ここは愛媛。そこでやっと気づく。あっという間に伊予に着いてしまっている。札所間が遠い修行の土佐を最後に高速に駆け抜けてしまった!悲しいくらいあっけない!

下の写真の黄色いマーカー部分が、私がバスで移動してしまった部分。

f:id:qkbz:20171130210408j:image
本来なら自分の足で、明日打ち終わる予定だったところだ。早く回れたとて、嬉しくはないが、でも真面目に般若心経を唱えた。心で、次回は必ず自分の足で来ます、と呟く。

雨が降っており、例の手作り菅笠を装着。またもやお寺の方が食いついてくれた。

「ほー!これはいいですな!」関心しきり。歩きを断念してブルーな遍路人だったが、お陰様で少しテンションが上がりました。

f:id:qkbz:20171130210441j:imagef:id:qkbz:20171130210454j:imagef:id:qkbz:20171130210505j:image

しかし、その後、スマホのバッテリーパックの紛失に気づく。恐らく先程のバスだ。バス会社の宇和島自動車に電話して探してもらうことにした。またテンション下がる。

再び宇和島行きに乗車。程なく宇和島自動車から電話があり、見つかったとのこと。バスセンターで取り置いていただくことになった。よかった。

夕陽を見ながらのバスの旅。

f:id:qkbz:20171130210552j:imagef:id:qkbz:20171130210559j:image

バスセンターで無事受け取り。優しい職員の皆さんだった。

宇和島市内の安ホテルで一泊する。

バスセンターから歩く途中で食べログで見つけたお店、和日輔で食事。宇和島の鯛めし、美味しい!

f:id:qkbz:20171130210639j:imagef:id:qkbz:20171130210648j:image

最後に、少し幸せな時間があって、よかった。
ちなみに、尿酸の天敵の肉や魚は避けるべき。でも魚は白身は、プリン体少なめ。鯛めしに乗るのは少量なのでokと判断。他のオーダーは野菜など中心で。気を遣いますが、自業自得ですわ。

 

 

 つづく